HOME>トピックス>アフターケアや脱毛後にしてはいけないNG行動をチェック

目次

アフターケアが必要

カウンセリング

銀座カラーでは肌へのダメージが少ない、IPL脱毛という脱毛方法を採用していますが術後はアフターケアが必要です。脱毛を受けた後の肌は乾燥しやすい状態になっているので、しっかり保湿を行うケアを行うようにしましょう。また肌へのダメージとなる日焼けをしないよう、紫外線対策を十分に行う・施術部位を擦ったり掻くなどしないというのも、術後に気を付けておきたいポイントです。もし、脱毛後の肌に赤みや痒みが出た場合は、冷たいタオルかコットンで冷やすといったアフターケアを行うことを、銀座カラーでは推奨しています。

施術後に気を付けたいNG行動

キャンドル

脱毛後はいつもよりも肌が敏感な状態になっているため、やってはいけないNG行動を銀座カラーでは設けています。施術当日にしてはいけないNG行動として挙げあれるのが、アルコールの摂取や激しい運動といった血液の流れを良くする行動です。脱毛当日は湯船につかるのも飲酒や運動と同じNG行動となるので、ぬるめのシャワーで済ませるようにしましょう。制汗剤の使用を控えることと、フェイス用シェーバーでの自己処理も銀座カラーでの脱毛後3日間は、してはいけないNG行動となっています。脱毛後1週間は温泉や海に行く、エステサロンでのケアやマッサージといった肌のお手入れも、NG行動に含まれているので注意が必要です。

広告募集中